アジアン家具について。


アジアン家具とは、インドネシアなどの東南アジアで、現地の材料を用い、現地の文化で、現地の人間が作るものです。
プラスチック、化粧合板などの工業製品や、金具が多い組み立て家具、使い捨ての家具とは、ちょっと違う文化です。
機能性、利便性などに優れる工業製品、愛着を持って付き合える無垢の家具、どちらが優劣かわかりません。
アジアン家具の文化、価値観、感覚を、お客様からのご意見などを含めまして、ご説明申し上げます。

【手作り】

弊社の家具は、全て手作りです。これが大量生産される工業製品との最大の違いかもしれません。
材料のカットから、部材の製作、組み立て、塗装まで、何の流れ作業も、工程ラインもなく、一つ一つの家具に対して、完成させていきます。
例えば、テーブルの脚を組み立てるにしても、この脚はココ!といった具合に、脚の取り付ける場所がそれぞれ決まっていたり。
これも、大量生産の工程ラインで製作すれば、脚は脚ばっかりで作り、天板は天板ばっかりで作り、どのテーブルにどの脚を合わせても、合うようになっているかと思いますので、よく驚かれます。
インドネシアでは、非常にゆっくりとのんびりと時間が流れています。のん気といいましょうか、気楽といいましょうか。 また、素直といいましょうか、無邪気といいましょうか、こんなに喜ぶ大人はなかなかいないだろうと思います。 そういった気質の彼らが、楽しみながら作った、手作りの家具です。

【 自然素材や手作業が魅力で、金物など工業製品がちょっと苦手】

インドネシアの家具では、質感が高い無垢の材料や、高度な技術を要する細かい手作業が、とても魅力です。いずれにしても日本ではとても貴重なものかと思います。
そして、金物などの工業製品は、ちょっと苦手でございます。日本製のものと比べると、強度、精度、性能が、劣ってしまいます。
従いまして、組立や、可動が少なかったり、部材が大きかったりします。 良くも悪くも、機能性、利便性で劣っている場合がございます。それが自然なんですけどね。

【歪みや補修の跡】

大量生産されている工業製品とは違い、天然の素材を用い、一つ一つ、手作りで製作しておりますので、細かく探してみると、どこかに歪みはございます。また、木部の一部に傷があったとしても、そこを廃棄せず、特別な技術で補修して、材料として使用したりします。
これらは、アジアン家具の文化であり、 人間味が感じられるあたたかい家具として、受け入れて下さいますと、大変有難いです。