『家具と家族が住む暮らし』は、フォーレストデザインとカリッジマーケットが共同で取り組む家作りです。


Concept

私共、フォーレストとカリッジマーケットは、 家族と家具と家が、共に年月を過ごし、共に成長していけるような、そして心が豊かになる暮らしをご提案いたします。


お宅拝見/Owner Interview

クグリノイエ

Oさんご家族

土地面積/133.70? (40.44坪)
施工面積/133.56? (40.40坪)
竣 工 日/平成27年9月竣工

詳細はこちら >>

眺める森の家

Tさんご家族

土地面積/184.71? (55.87坪)
施工面積/129.93? (39.30坪)
竣 工 日/平成27年5月竣工

詳細はこちら >>

光庭の家

Sさんご家族

土地面積/267.44? (80.90坪)
施工面積/152.35? (46.08坪)
竣 工 日/平成22年10月竣工

詳細はこちら >>

車寄せのある家

Iさんご家族

土地面積/221.10? (66.88坪)
施工面積/139.12? (42.08坪)
竣 工 日/平成23年8月竣工

詳細はこちら >>

バイクガレージのある家

Mさんご家族

土地面積/200.00m2(60.50坪)
施工面積/140.92m2 (42.62坪)
竣 工 日/平成24年10月竣工

詳細はこちら >>

織屋根の家

Tさんご家族

土地面積/175.22m2(53.00坪)
施工面積/121.72m2(36.82坪)
竣 工 日/平成25年9月竣工

詳細はこちら >>

囲い庭の家

Tさんご家族

土地面積/219.29m2(66.33坪)
施工面積/175.87m2(53.20坪)
竣 工 日/平成26年4月竣工

詳細はこちら >>

Works

ハジマリノイエ
Gate Garage


地元に戻られ住まわれることで始まった計画です。敷地は街区の角地に位置し、ランドマークとなり得る場所でも…
花風永家
Gate Garage


のどかな風景の中、新たに分譲された敷地での計画です。その形状は奥行が長く、その先に山が、空が広がります。
殻覆居
Gate Garage


緑が広がる風景の中に新たに造成された分譲地での計画です。区画の北東角になる敷地は、路からのプライバシーを守りつつ
矩形居
Gate Garage


4間×4間の完全矩形の住まいです。敷地は幹線道路に沿った北向きで、南隣家をかわしながらも差し込む陽光とプライバシーの確保を…
月遊居
Gate Garage


区画された分譲地の端部で、変形した敷地です。 道路から少し奥まりつつも、一面が川に向かって開いています。
稜景の家
Gate Garage


親世帯の住む母屋の奥での子世帯のための住まいの計画です。 その南には千石山がそびえ立ち、のどかな風景が広がります。
家・BASS(ホームベース)な家
Air Living& Pit Garage


交差点に面した変形敷地で、建築面積を最大限まで利用した計画です。 その敷地形状にならって、光や風の通り道、空間の…
クグリノイエ
Air Living


「クグリ」とは、茶室の躙り口のことでもあります。 敷地は道路から一段上がった雛段状で、しかも北向き。地上レベルに…
眺める森の家
Air Living


敷地の奥に森が見える。その森を眺めながら生活したい。 均一的な分譲地に唯一視界に入る森の存在、そこからこの住まいの…
空と海な家
Air Living Shutter&Gate


今回の計画地は住み手、自らが探し求めて出会われた、お気に入りの場所でもあります。南の海水浴客の駐車場から…
対の棲家


新しく開発された幹線道路から少し入ったのどかな風景が残る敷地を初めて訪れた時、新しく生まれるこの家のイメージは…
オトハコの家


オトを愉しむための日常と、日常を愉しむためのオトが相互に呼応しながら、何よりもここに住まれる家族がオトと共に生きていかれることを願って。
添い屋根の家
Gate Garage


その様はまるで家族が互いに寄り添っているかのようでもあります。そう、すべてはここに住む寄り添う家族のために。
イヌ×イエ〜犬駆ける家〜
Gate Garage


すべてはドックランを駆け巡る愛犬と、その家族の戯れる情景を思い浮かべながら、生み出された住まいです。
囲い庭の家
Gate Garage


ここに住み続ける家族が、暖かく囲われながら過ごせるように。
陽だまり庭の家
Shutter&Gate Garage


世代を越えて、趣味を通して、様々な日常の情景と共に家族の絆を深めながら住み続けられることを願っています。
緑と庭の家
Gate Garage


この縁と庭がこれから住む家族にとって、様々な日常を彩る風景となるように。
織屋根の家
Air living


日常の演出を期待しつつ。 折り重なる屋根のように、ここから家族の時間がひとつひとつ重なっていくことを願って。
バイクアトリエの家
Air living


世代を越えて、趣味を通して、様々な日常の情景と共に家族の絆を深めながら住み続けられることを願っています。
自家菜園の家
Gate-Garage


家族室のこだわりの家具や中心に位置する丸柱をはじめ、ここに住まうご家族のこだわりが、随所に散りばめられています。
丘庭の家
frame-design


2つの丘が呼応することで、この地特有の可能性を最大限に拡張した、より豊かな住空間、住環境が生まれることになりました。
緑洞の家
AirLiving


山の風景を切り抜いたように緑が垣間見える「緑洞」として、ここに暮らす家族の日常に彩りを添えてくれることを望んでいます。
バイクガレージのある家
Gate Garage


将来的な可変性等々をベースに住み手のこだわりが融合した、唯一無二の住まいとなっています。
帯庭の家


背景は森。その森へと誘うベクトルでもある「帯庭」を、ランドスケープのひとつとして計画しました。
天空の隠れ家
Air Living


日々の暮らしの中に、ゆったりとした時間が流れる、Air Living「天空の隠れ家」−とっておきの住空間です。
時空の舶
court-house


この家は、船乗りのご主人が航海中に家族を守るために、陸地に設けた舶です。
おどろきの箱


家族室や個室からなる白い居住棟に直行させた黒い箱。玄関を配した黒い箱を開けると、そこに住まいの全貌が広がります。
大人が遊べる家
Frame-design


南のロケーションに開くことを前提に、隣との関わりを意識しつつデッキやバルコニーを袖壁と屋根で囲うフレームデザインとしています。